親鸞聖人は、妙好人のことを「信心の人を釈迦如来はわが親しき友なりとよろこびまします。この信心の人を真の仏弟子といへり、この人を妙好人とも、最勝人とも、希有人とも申すなり。」と仰ってます。

第58回 三輪利加さん

三輪さんは在家から本願寺派のお寺に嫁入りし、坊守さんとなっています。村上義円さんが住職の西光寺報恩講にお参りした際、増井悟朗先生のご法話を聞きます。今まで聞いたことのなかった後生の一大事や、信心という言葉にビックリします。その時から求めだします。30代後半は求め歩いていました。当時、華光会の子ども大会に参加した時の三輪さんの参加記です。

『私は、自性を見せられても、なおその私に執着してると思いました。アミダ様は、そんなミワリカが、自分で作った自分地獄へ落ちていくしかない罪業をはっきりお見通し。アミダ様からは、計り知れないおそろしいミワリカの罪業が、はっきり見えてはるんだと思いました。お前を救う手だては、もうここに用意してあるよ。何も心配は要らない…なんまんだぶつ…なんまんだぶつ…「さあ、おいで。さあ、おいで。落ちておいで」と、叫びづめでした』

仏青の懇親会では、増井悟朗先生が横におられ、ご示談を受けます。私のものと思っていたものが、ドンドンとられる感覚でした。何もない。一人になっていく。周りにいた人によれば、三輪さんは怖いと言って震えていたそうです。そうすると、口から何かが出ていって、倒れ込んでいました。倒れた時に先生に抱きついて、しがみついていました。先生から「念仏しましょう。お礼をさせてもらいましょう」と言われ、「南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏」と称えます。次の日から、私は変わらへんかったと知らされます。聞く耳を頂きました。最近の三輪さんの心境です。

「そうして、私の出遇いに気づく日々が始まりました。私のあみださまはじっとしてはらへんのです(笑)。恩師上田豊香師からお聞かせ(お育て)いただいた言葉や味や念仏が、私の身だけにとどまらず響きあうて動きだしてやまないのです。自坊での法要法座・座談会にはご門徒さんだけでなく法友、有縁の方々もお参りお聴聞くださり聞法・お育てをいただいています」

お母さんの浅里さんとは、私もよく華光会館でお会いします。また、私が求めているときに、西光寺での悟朗先生法座の後、三輪さんに姫路駅まで送ってもらい、その節は大変お世話になりました。

2020年4月

第56回 宿利清麿さん

2019年12月10日に往生の素懐を遂げられた豊前市の宿利さんです。浄土真宗本願寺派のお寺に生まれ、寺を継ぐか否か随分と悩まれたそうです。龍谷大学に進学はしましたが、歴史学科の東洋史を専攻し、大分県玖珠町で高校の先生となります。定年まで38年間の教員生活でした。お寺は弟さんが継いでいます。

退職して4年後頃から、大分県日田市のお寺で聴聞するようになります。2013年頃より華光会の大分法座にお参りするようになります。初めてお会いした時、いかにも学校の先生のような真面目な感じでした。年令的には80才に近くなり、後生も近くなって焦りますが、なかなか聞き開けずに苦しんでしました。

2015年9月の大分法座で、宿利さんを中心に座談が進みますが、もともと喉が悪く、蚊の鳴くような声で答えるだけで進みません。その時の増井信先生のお勧めがスゴいです。円座になっていましたが、近くにすわっていた鍋島証子ちゃんを宿利さんの前に座らせます。宿利さんに「阿弥陀様は宿利さんになって言っておられますか? ご自身が阿弥陀様になって証子てちゃんに言ってみてください」と促されます。

宿利さんは証子ちゃんに「聞いておくれ。私に助けさせておくれ」等とご自身の言葉で伝えます。そこで攻守交代して、証子ちゃんが阿弥陀様となり、宿利さんはご自身となって阿弥陀様の声を聞きます。そこでの証子菩薩の声が出色でした。突然「ありがとう!」と宿利さんに声をかけます。

その瞬間、宿利さんの首がガクッと折れ、椅子に座った状態からそのまま頭がフロアーの床に擦り付きます。念仏を称えたまま、首が上がりません。その日は皆で祝杯を上げました。

次の日の法座では、いままで蚊の鳴くような声だったのが、次から次と言葉が出てきます。さすがに長年、聴聞してきただけのことはあります。お亡くなりなって、間に合って本人も喜んでおりましたと、奥様が仰っていました。

2020年2月

第55回 山津穣さん 下

求めだして数年経っても状況は変わりません。座談会にも慣れて人には言えるようにもなってきます。充分に聞いているだろう、自分を聞かせて頂いた立場に立ったらどうだろうか?と、かかわってみます。

しかし、やってみても不安になってきて、自分が押しつぶされそうになり、やっぱりダメかと思います。自分は未信という変な自信が出てきます。そうこうしているうちに、ご縁があってから7年経過します。全てが回向されたものと気付きません。頑張れば聞き抜けると、自分のものを足さなければならないと思います。信心が欲しいという思いが、聞法の原動力と思っていました。力んでばかりいました。自分が求めていると思っていたものと、阿弥陀如来が与えようとされているものが違うのではないかと思えてきます。

そんなある時、信じる心も阿弥陀如来が用意されていた。私と如来様しかいない。この私が願われていた、これで充分だと思え、救われることも、後生もどうなってもいいと思えてきます。力の入れようがない。何の役にも立たない自分の妄想と戦っていたと感じました。

大事なことは何も聞いていない。自分には何もありませんでした。信先生から「もういいでしょう」と言われ、「はい、いいです」と答えます。ズーッとスカをつかまえたくなかった。ハッキリしたのもが欲しかった。そういう思いがとれ、肩の力が抜けてしまいました。

これが2年前のことです。文章に書くとこれだけのことですが、それからの山津さんの言動、特に座談での発言は、明らかに以前とは異なります。

同じ分級に参加していた二三代さんから山津さんのことを聞いて、昼食時に3人で祝杯を上げました。途中で、自分は聞かせてもらったと手を挙げずに、7年間、ズーッと聴聞、座談、懇親会に出続けた結果のことで、尊いことでした。

2020年1月

第54回 山津穣さん 上

名古屋でソフトウェア開発会社を経営する山津穣(ゆたか)さんです。私と同じ昭和35年生まれです。幼少より母子家庭で育ち、実家は真宗大谷派です。大学受験で一浪目は自宅で勉強し、二浪目は進学塾に通い、名古屋大学に入学します。

1年生の後期に「人生の目的を考えたことありますか」と問われ、S会の歎異鈔研究会に入ります。因果の道理を聞かされ、死んだら地獄行きと知らされます。専任講師を目指し講師学院に入ります。しかし、自分に求められるような道ではないと感じ、学院を辞め、S会も退会します。

退会して3年後の28才の時に会社を設立し、世間的には成功します。後生の解決には挫折し、いつかは求め直さなければと思います。離婚して2度目の結婚後、夜中まで飲み歩き、罪滅ぼしで土日は家から一歩もでませんでした。ネット上で、S会への批判記事を見つけます。S会が間違っているとは微塵も思っていなかったので、数年間ウォッチしていました。

批判が本当かもしれない、それがだんだんと確信に変わっていきました。『仏敵』を読み、華光会の法座案内を受け取ります。2度目の妻から離婚してくれと言われ、土日の拘束が外れ、これで華光大会に参加できると思います。

2009年秋に初めて華光会館に行き、いきなり水谷さんから「あんたチャラいね」と言われてしまいます。思ったことは何でも言ってもいい雰囲気です。本当の中味は隠して、ほどほどに自分のことを出します。けれども誰も驚かない、自分と同じような極悪人に囲まれて、本当のことを言っていいところだと思います。

ただ、信心はハッキリしません。1年間くらい聞けばなんとかなると思っていましたが、後から来た人が信心を得ていきます。自分一人が取り残されているように感じます。座談会で、だんだんと周りから何も言われなくなるようになってしまいました。

2019年12月

第53回 松林由美子さん

ご主人が転勤族のため、現在は埼玉県三郷市在住の松林さんです。ご主人の祖父は愛知県の元徳寺(本願寺派)のご住職でした。脳梗塞で倒れ、お寺は休止状態となっていました。

由美子さんが嫁入りして1年後に祖父がお亡くなりになりました。お寺の境内に自宅を建てていた関係で、由美子さんが得度をして、お寺を残すようにします。そのため、由美子さん自身が本願寺派の中央仏教学院の通信を受け始めました。浄土真宗も親鸞聖人も知らないなかでの受講です。1年目のスクーリングで同じ参加者の久保裕子さんから「華光誌」を手渡されます。

翌年、2年目のスクーリングでも裕子さんに会い、二人でお茶を飲んだときに、自分の話しを聞いてもらい、裕子さんからは華光会のことを聞きます。それがご縁で、増井悟朗先生のお話を聞くようになります。これは本当のことを言っていると感じます。名古屋のご同行と、裕子さん含め3人でお茶をした時には、仏教の話はなくてとても楽しく、名古屋の家庭法座に家族で参加しました。

更に、飛騨高山の法座に参加し、東勝廣さん、舟本賢也さんからお勧めされます。これは聞いていかないといかんと決めます。その年の華光大会に、息子さんと参加しました。この法座だけは正座してちゃんと聞こうと思っても、何にもできない、「聞かれへん、聞かれへん」となってしまいます。ご同行の黒河達児さんから「阿弥陀様は何も条件をつけておられませんよ」と言われます。

悟朗先生の分級に入り「阿弥陀様に飛び込むんや」とお勧めされていました。他の人に対してのお勧めでしたが、自分に言われている!と思った瞬間、座談の真ん中に飛び込みました。すると、ドンドン頭から真っ逆さまに堕ちて行く。するとその瞬間、阿弥陀様が現れ、ギュッと抱きしめて離しません。泣きながら念仏が止まりません。「そんなんや、自力はいらんねんやった、そうやった!」と嬉しくて嬉しくて飛び上がりました。

これが、今から20年ほど前のことです。私が求めてだした12年前は、由美子さんは厳しいご同行で、当時は、できるだけ分級が一緒にならないように避けていました。今では、5年程前にうちの家庭法座に参加して頂き、今回は、華光会館での懇親会後に、宿泊場所の聞法会館でインタビューさせてもらいました。

2019年11月

第50回 丸尾佐知子さん

2019年に71才になる京都市在住の丸尾佐知子さんです。9才の時から華光会館の日曜学校に毎週通っていました。当時は30名以上の参加があったそうです。日曜学校は勤行・法話・座談・ゲームの行事があり、午前中に行われていました。小学校6年の終わりに増井悟朗先生から華光会館(旧)に住むことを勧められ家族5人で会館に居住するようになります。

中学1年のときから、増井行子夫人の手伝いで廊下の掃き掃除・拭き掃除をします。当時は行子さんもまだ20代です。ですから、いまでも丸尾さんは行子さんのことを「おばちゃん」と呼びます。悟朗先生の長女の聞子さんとは8才違いで一緒に聞法します。聞子さんが4才の時に獲信したときのテープには、当時12才の丸尾さんのお勧めの声も入っています。

当時の丸尾さんは行子夫人によるといつも赤いジャンパーを着て、目がクリクリしていたそうです。丸尾さんは中学2年のとき、日高で開催された子ども大会の分級座談で信を得ます。

通信教育で苦学して小学校の先生の資格をとります。経理事務で働いているときに京都大学卒の中国文学が専門のご主人と出会い、27才で結婚します。結婚式は、増井悟朗先生媒酌で華光会館で行われました。

その後、京都市に採用され56才まで教師として働きます。キャリアの後半は養護学校の先生でした。その間、華光会とのご縁が遠のきます。退職後、30年前振りに華光会の東京講演会に参加します。質疑コーナーで手を挙げて「華光会に久々にお参りしましたが、全く変わっていないことに安心しました」と言われたことを、華光に参加して間もない私はよく覚えています。

10年前のインド仏跡旅行では私たち夫婦と共に参加していました。今は、華光会の京都支部長としてご活躍です。

2019年8月

第49回 植田勝彦さん

2019年現在、50才で三姉妹のパパの植田さんです。お母さんが熱心にS会の聴聞に行っていたため、小学校時代は一緒にお参りしていました。中学・高校はバスケ部に入り足が遠のきます。神戸商科大学卒業後は証券会社を経て彦根市役所に入ります。

32才で結婚し、奥さんがお母さんとのご縁でS会に入ります。教学短冊で勉強しているのを見て興味が湧き、再びS会の聴聞に行くようになります。滋賀、富山での法座に年に数回参加します。10年前にネットでS会の批判サイトなどを見て疑問に思い、親と話し合い、植田さんのみS会を退会することになりました。

伊藤康善先生の『仏敵』を読み、華光会の法座にお参りするようになります。華光会館、名古屋、東京、高山の法座に参加し、2年半ほど聴聞を続けます。阿弥陀様に対する疑いが課題、テーマとなります。どうしても疑いが晴れません。求道が停滞してしまいます。

8年前の報恩講での増井裕子さんの初めて法話のとき「ウソでもいいから聞いて下さい」との声が聞こえてきます。ウソしかない自分、全部が疑いの自分が知らされ、その疑いに願いが掛けられていることに気付きます。疑いが取れるということではないと知らされ、いままで力を入れていたのが、力が抜けてしまいます。私とは求道期間がダブっており、当時は座談でお互い力んでいたのを覚えています。

後でその法話のCDを聞き直すと「ウソでもいいから聞いて下さい」との言葉はありません。阿弥陀様の声なき声でした。今では、お子さん方は5年ほど華光会館の日曜礼拝に参加しており、春の子ども大会にも昨年、参加したそうです。

植田さん自身は2018年の華光大会で、谷本朗さんから運営委員長を引継ぎ、ご活躍です。今年の6月は植田さん企画による初めての支部長研修会でした。

2019年7月

第48回 山崎二三代さん

阿弥陀仏の本願は『無量寿経』では四十八願あります。この「現代に生きる妙好人列伝」は増井悟朗先生が往生された前月から始まっています。第1回が悟朗先生で、ちょうど丸4年となりました。

記念の48番目は独断と偏見で、山崎二三代さんに登場してもらいます。そもそも浄土真宗とは全くご縁がなく、S学会の出身です。私と付き合っている頃は、よく学会の会館に送り迎えしたものです。

結婚以来、S学会とはご縁がなくなります。結婚後、18年経って私が浄土真宗を求めだします。京都の華光会館に2年間通っても、「判らん判らん」と言って帰ってきて八つ当たりしていました。これは何が判らないのかを確かめなくては家庭が崩壊すると、二三代さんは一緒に法座に出るようになります。

事務所が華光会の会計顧問となったこともあり、華光会館で法座、座談と出ます。初めての九州での増井信先生のご法座で「死に様は関係ありません」という話を聞いて身体が震えます。今まで自分が経験した宗教と全く異なります。お金儲けや病気がよくなる、この世をどう生きるかという話やどのようにあるべきかという道徳や善悪の話ではない。つまり世間事ではなく出世間の話。私が知りたかった真実、人として生まれてきた理由の答えがここにありました。

二三代さんが聞き出して半年後にやっと押し出されて私は増井悟朗先生の座談で聞き抜くことができました。その1年後の華光大会の信先生のご法話で「何にこだわっているんですか!」と問われ、こだわる物は何もない自分、すべてに降参でした。悟朗先生の座談で、先生の前に一歩出て「南無阿弥陀仏!南無阿弥陀仏!」と称えます。本人は「あ〜スッキリした」と言っています。しかし、私が30年要したのに、まだ聞けるはずはないだろうと思っていました。

が! その後、お味わいを聞くと、正に聞いています。いつも感心するのは、決まった定型文言ではなく、毎回、自分の言葉でしゃべることです。私にとっても新鮮です。今では、信心のことは家内と一番よく沙汰します。最も意気投合できます。私を聞かすための菩薩様だったと味わっています。

2019年6月

第47回 高取義昭さん 下

東京都庁に就職した高取さんは29才で結婚します。通勤の途中に築地本願寺があり、昭和63年に東京仏教学院の夜間に通います。翌年に修了し、1990年に得度します。

1991年の台風19号により九州北部の山林で大規模な倒木が発生し、実家の庫裏の屋根が飛ばされます。修繕のため、門徒の方にお願いするのに、跡継ぎがいないと頼みづらいということで、お寺を継ぐか否かの決断を迫られます。

奥さんの協力が得られず、寺を継ぐことは断念します。これが1年後に大きな後悔となって返ってきます。そんな中、西本願寺の教師教修の合宿に参加し、たまたま増井信先生の班になります。その後『華光誌』が送られてくるようになり、こんな信心の世界があるのなら自分もなりたいと思います。

『華光誌』に旧会館の取り壊しについて書かれた増井信先生の巻頭言を見て、居ても立ってもおられず、飛騨高山の法座に参加します。始めて増井悟朗先生のご法話に遇います。信心の水際を話されるので、お父さんの姿が重なって見えます。

京都にはなかなか行けないため、東京での法座に参加します。3~4年聞き求めますが、得られません。お父さんが92才で亡くなる前に、看護のために別府に住むようになります。当時、大分の首藤さんからの誘いで福岡での法座に1回だけ参加しました。

これが10年前で、4年前に大分で初めての法座があるとの首藤さんからの誘いで、これが最後と思い、参加します。2日間の法座を聞いても今回もダメだったなあ~と思い、車を運転して帰ります。その時にお父さんがよく言っていた「縁なき衆生」という言葉が響いてきて、父から見捨てられたように感じたとき、自分の念仏と父親の念仏が重なり、不思議な光に包まれていることを感じます。大きな光の中で、このまま救われていくんだなあと思えてきます。

これは何だ?と疑問に思い、日田のお寺の法座に参って「正信偈」の「南無不可思議光」を読んだとき、仏様が光だ!と感じます。摂取不捨の身になったことを実感しました。現在は、華光会の九州の支部長としてご活躍です。

2019年5月

第46回 高取義昭さん 上

2019年現在、72歳の高取さんです。高取さんは大分県日田市の照妙寺の後継として生まれます。お父さんまで11代続いたお寺です。お父さんは18歳の時に狼瘡(ろうそう)に罹り、鼻から喉にかけて苦しい状態でした。

狼瘡とは、結核菌が血行により運ばれ、全身の皮膚、特に顔面の組織が破壊される病気だそうです。九州大学病院に入院していますが、治療法がないということで退院となります。お父さんは草むらで横になって、いつ死ぬかと思っています。

ところが太陽光を浴びて、治療不可だった病気が直ってしまいます。16才の頃に発病し、直ったのが18才の時です。しかし、鼻が欠けたような感じになり、相当に悩んだそうです。

お父さん19才の時に実母が亡くなり、後妻がやってきますが、どうしても「お母さん」と呼べません。実母の代わりということで、憎さが倍増してします。貧・病・争に苦しみます。これが求道の縁となって善知識を求めます。

武石覚了という先生について聞法します。親からは異安心だからやめておけと言われますが、その先生が生花に見え、他の先生は造花に見えたそうです。21才の時に蓮如上人の「わが心にまかせずして心を責めよ。仏法は心のつまる物かとおもへば、信心に御なぐさみ候ふと仰せられ候ふ」のお言葉に、この通りに頂けたらいいんだと思えた時に、信心を頂いたそうです。

高取さんは、お父さんが30才の時の子です。お寺のお手伝いを小学校5年の頃から始め、中学、高校の時には、月参りをして、お盆には1日40件ほど回っていました。

お父さんは、お寺を継ぐことよりも、信心を頂くことを勧めます。龍谷大学に行くよりも、まずは世間のことを勉強して、先々、お寺に戻って来ればいいということで、高取さんは東洋大学社会学部に入学します。東洋大学を卒業した高取さんは、当時、美濃部知事の東京都に福祉専門職として就職します。

2019年4月