親鸞聖人は、妙好人のことを「信心の人を釈迦如来はわが親しき友なりとよろこびまします。この信心の人を真の仏弟子といへり、この人を妙好人とも、最勝人とも、希有人とも申すなり。」と仰ってます。

第66回 松岡稜季さん

京都文教大学4回生の稜季(いつき)ちゃんです。来年、大学院進学予定で、心理士(カウンセラー)を目指しています。兵庫県の日高町、現在は市町村合併により豊岡市の出身です。谷本朗さんのご長女です。日高といえば、華光会の名物妙好人を輩出した法の厚い土地柄です。

稜季ちゃんは3才の頃から日高法座に出て、お父さんのひざの上で大人しく座っていたので、珍しい子やと感心されていました。小3~中3まで華光会の子ども大会に、毎年、楽しみに参加していました。仏法が話せて、言いたいことが言える座談が好きだったそうです。地獄のスライドを見ても、実感がわかず、全然怖くなかったそうです。

高校生になって部活で忙しくなり、一時、ご縁が遠のきます。京都の大学に入学し、1回生の3月に華光会の事務局にバイトで働くようになって、同月の日高支部法座に参加します。お父さんの朗さんが20才で信心を獲ていたので、自分も20才までという目標があったそうです。19才になっていました。

日高法座で聞けると思っていたところが、聞けずに翌月4月の永代経に参詣します。2日目の懇親会で、朗さんに押し出され、増井信先生に「わかりません」とご示談します。信先生は阿弥陀様に相談しなさいと言われ、仏壇に向かいます。横では朗さんが「ごめんなー」と謝っています。周りにいたご同行も各々お勧めになります。

いつきちゃんが「今のこころのまま称えてもウソだ」と言うのに対し、信先生の「どこまでも私にはウソしかない。南無阿弥陀仏だけがまこと」のお導きに、号泣念仏となって、念仏があふれ出ました。その後、いつきちゃんの信心は、ご本人の弁によれば、喜べないことに疑問を感じ、崩れまくっているそうです。最近は、私は変わらんもんやと気付かせてもらっています。

今年の永代経では信仰体験発表をされました。分級では、年配のご同行から「若いのにどうして仏法を聞いているの?」と尋ねられ、「本当のことが聞けて嬉しいから」と即答するいつきちゃんでした。

2020年12月

第65回 梶谷洋一さん 下

高山での法座の最中、昼過ぎに京都に帰ろうとしたところで、なんと増井悟朗先生が「帰るのか。それならお見送りをせんとな」と出てこられます。梶谷さんと井上さんが車に乗って出発しようとすると、悟朗先生がニッコリ笑って片手を挙げて「ご出棺でーす」。

車の中で、ゲンの悪いことを言われるな~と話していたら「ちょっと待てよ」となります。意味の無いことを先生が言われるだろうか?「言わない」。どういう意味だろうかと考えます。クネクネの山道で今にも落ちそうです。沈黙の後、井上さんが顔をこちらに向け、「おい、先生は『お前たち、明日のことを気にして早く帰ろうとしているが、本当に無事に帰れると思っているのか?』と言いたかったのと違うか?」。

「そうや、その通りや!」。真っ逆さまに地獄に堕ちていく自分の姿が見えました。井上さんと二人してパニック状態になります。「エライこっちゃ! 堕ちていく!」となります。所詮、自分は堕ちていくしかないんやと自他力の廃立がたちます。この時の恐怖は、何年経っても忘れることができませんでした。

最近は、梶谷さんは私の分級によく参加され、お味わいを聞かせて頂いていますので、今回のインタビューをさせて頂きました。全ては始めに悟朗先生ありき、だったそうです。最後に、この原稿のやり取りのなかで頂いた、梶谷さんご自身の文章です。

「考えてみると5年のブランクも決して無駄ではなかったと思っています。悟朗先生はよく『こっちが仏を忘れることがあっても仏は決してこっちを忘れることはない』と仰っておられました。この私の底無しの罪業の底に飛び込んで下さったのですから、どこに行くのも一緒なのは当然ですね。映画『ベルリン天使の詩』のピーター・フォークのようです『見えないが、いるな」という感じです。 南無阿弥陀仏」

2020年11月

第64回 梶谷洋一さん 上

京都府伏見区出身、現在は宇治市在住の梶谷さんです。1958年生まれで2020年現在、61才です。華光同人の井上頼子さんのご子息典之さんと20代の頃からお友達でした。

梶谷さん37才のときに、典之さんから11月の華光大会に誘われます。仕事の都合で最終日だけの参加でした。そこで増井悟朗先生のご法話で後生の一大事、宿善を聞き、エーッとビックリします。その後の全体座談で、悟朗先生に突っかかっていったそうです。「ご法話のなかで「人間は糞袋」と言われていましたが、確かに汚いところはあるが、それを隠そうとするのは当然ではないですか?」

その質問に対し、逆に「なんでや?」と先生から問いかけられます。まさか自分に質問が来るとは思っていなかったので、なんでと言われても・・・と、言葉をなくします。そこで一言「こわいのか?」と聞かれます。その時、手のひらは汗ビッショリでした。そのとおりだったから・・ コテンパンに「ア~やられた」と思ったのと同時に、「この人に間違いにない」の意を強くします。

それまで怖いものはなかったそうですが、「この人には勝てない」と怖いものができました。大会数日後のファミレスで、井上さんから「宿善あるやないか」と言われ「あるのか?」と問い返すと、「悟朗先生があれだけ言ってくれたのだから無い訳がない」。

更に「仏さんは自分の横を指さして、ここ『お前の場所はここだぞ』と言うてくれているんやないか」と言われ、梶谷さんの頭の中でビッグバンが起こりました。「あっ、そうであったか! 仏様の本願とは俺を仏様にすることか。これはエライことや!」と、その夜は嬉しくて、念仏が出て止まりません。

後からふり返ると、この時は、まだ縁他力でした。次の年の夏に高山での「壮年の集い」に井上さんと参加します。一泊して、翌日の仕事に差し支えるので、法座の途中で帰ろうとします。そのとき悟朗先生の神対応ならぬ仏対応が炸裂します。

2020年10月

第63回 小山ひとみさん

三重県在住の小山ひとみさんです。昨年「壮年」を卒業され、2020年は66才です。同年2月22日にお亡くなりになった伊藤友一さんとの深いご因縁です。友一さんと小・中学校同じで、34才の時に同窓会がありました。企画したのが小山さんの親しいお友達だったので、参加してみました。当時、仏法に燃えていた伊藤さんから、目をランランと輝かせてお勧めを受けます。

名古屋での仏青に参加し、2回目、華光会館をご主人に見定めてもらおうと一緒に参加します。ご主人が増井悟朗先生を気に入り、家庭では「悟朗ちゃん」と呼んでいたそうです。ご主人の「行っていいよ」の言葉により法座に参加するようになります。

しかし、なかなか聞き開けません。増井信先生から東の横綱と言われます。西の横綱は広島の吉貞さんだったそうです。13年経った2001年の永代経で早田節代さんから日高法座に誘われます。瀧山さん運転の悟朗先生の車に同乗させてもらい、お参りします。

節代さんの自宅で初日の法座があり、そこに泊めてもらいます。夜遅くまで、瀧山さんとご法のことで話し込みます。つい最近判ったことですが、悟朗先生はご示談の出番があると、寝ずに待っておられたそうです。それだけ切羽詰まった顔をしていました。翌日、隅田さん(田村直子さん父)にモーニングを誘われ、歩いているときに「不可称不可説不可思議」の声がズーッと聞こえます。小山さんはその言葉を知らなかったそうです。その日の法座後の座談で、瀧山さんから押し出され、念仏が止まらなくなりました。

小山さんは子育てもあって法座に出れなかったときも、華光誌の誌上法話のテープ起こしを20年近くしており、そのお育てが大きかったそうです。それと伊藤さんとのご縁です。

聞かせてもらって20年後の今では、名古屋での法座は皆勤賞、華光会館法座もほぼ参加され、現在は運営副委員長としてご活躍中です。最近は信先生のご法話が厳しく、もっと聞かないといけない、座談ではもっと自分自身を出していかなければとの思いを新たにしているとのことです。

2020年9月

第62回 岩城明子さん

横浜市在住の岩城明子さんです。出身は安芸門徒の広島です。小さい頃から、祖父母宅で月に1度、家庭法座が開かれていました。中高一貫の広島女学院に入ります。実家を出て、祖父母のところに下宿して家庭法座の手伝いをしていました。

学校では卓球部に入り、部長で同級生の久保裕子さんと出会います。社会人となり結婚もした頃、裕子さんから華光会の仏青の案内や、華光誌が送られてくるようになりました。裕子さんの呼びかけにより、1998年9月に卓球部合宿として華光会館に集まります。2000年9月の2回目の合宿には明子さんだけの参加で、裕子さんとタップリお話をします。

裕子さんからつめて聞いた方がいいとのアドバイスにより、翌年2月仏青、3月東京と宿泊法座に参加します。悟朗先生の『親指のふし』を読んで、もともと仏教に熱心だった姉の智子さんにプレゼントし、姉妹で聞法の道を進んでいくことになります。

そして、その年の4月の永代経2泊3日に参加します。初日の信先生の座談では積極的に自分の心境を述べますが「都合のいい解釈」と切り捨てられます。2日目の夜の悟朗先生のご法話で、南無阿弥陀仏を作り上げた阿弥陀様のご苦労を聞かされ、先生が阿弥陀仏に見え、涙が止まりません。

その後の信先生の座談で「もう一人の冷静な自分が邪魔をする、私は役者です」と訴えると「そんな明ちゃんがお目当てなんや。十功の昔から待ってくれてはるんや!」と言われ、苦しくて泣き崩れます。「お念仏の中に飛び込んでいき!」との仰せに、念仏を称えると、風呂の釜からボコボコを湧き上がるような念仏が溢れてきました。

懇親会では、悟朗先生とも握手をしてもらい舞い上がります。裕子さんからは簡単に頂いた人は信後の聴聞が大事と聞かされ、それから20年近く華光会の法座にはほぼ参加しています。

2年前の夏には福岡の家庭法座に姉妹で参加し、その秋にはお兄さんが急死されました。昨年は一周忌とお父さんの三周忌を勤められ、12月には明子さんがかつて下宿していた広島駅前のお家での法座を開かれました。、私と二三代さんの二人で法話をさせて頂いたのも何かのご縁でしょう。

家は取り壊すとのことで、何でも持って帰っていいと言われ、「唯仏是真」の額を頂きました。自宅の仏間に飾っています。明子さんの現在の心境は「ただただ聞く耳をいただいたことが大きな幸せです」とのことです。

2020年8月

第61回 中道逹哉さん

大阪在住の中道さんです。勤務先の運送会社の関係で広島から大阪に移って5年になります。10年以上前に、会社で使用しているスナック「ながと」に個人的に通っていました。そこのママさんである正木陽子さんを毎週、全国各地の増井悟朗先生、増井信先生の法座に運転手として連れていくようになります。

陽子さんは、18才から仏法を聴聞していましたが、なかなか信心が得られず、「わからん。わからん」と求めていました。中道さんは仏法には興味はありませんでしたが、陽子さんに頼まれれば断り切れず、九州、大阪、日高、京都、名古屋、北陸、高山、東京と毎週のように日本全国を車で送迎していました。

ご本人によれば、離婚したばかりで現実からの逃避でした。ミイラ取りがミイラになるように、当初は距離を置いていた中道さんも、自分のこととして仏法を聞くようになります。中道さん自身の「体験記」によると、その週の終わりに山崎宅での家庭法座に行く予定を確認した時に、勤務先の駐車場の車中で、阿弥陀様が「今」働いてくださっていることに気付き、「恥ずかしい」「申し訳ない」と念仏と涙で10~15分くらい降りることができなかったそうです。

そういえば、うちの家庭法座での中道さんのお味わいが尊く「中道さんは信を頂いているのじゃないの?」と夫婦で話したことを覚えています。また、大経の「不請の友」により、懇願しなくても親友となる阿弥陀様のことを知らされ「求めないものをも救う」ことに思い至ります。自分ではストーカー聞法をしていたつもりでしたが、付きまとってくださっていたのは、阿弥陀様の方でした。

中道さんは、2018年の暮れに晴れて、陽子さんと入籍され、今は華光会の運営副委員長としてご活躍です。

2020年7月

第60回 浅野聞子さん

この妙好人列伝も5周年、60回となりました。第1回は増井悟朗先生に登場いただき、その翌月にお浄土に還帰されました。ギリギリ「現代に生きる」に間に合いました。記念の第60回は悟朗先生の長女の聞子さんです。4才の時に獲信したという伝説の方です。私もその時のテープを聞かせてもらったことがあります。周りの「よかったね」という声のなかで、小さな子どもが念仏を叫んでいました。

真宗史上、最も若い?幼い獲信ではないでしょうか。聞子さんによれば、ものごころがつく前から、両親と一緒に寝物語にも「あんたはおとうちゃん、おかあちゃんが行くところ(お浄土)には行けんから、早く仏様の子どもにならしてもらい」と言われて育てられました。

当時は、大人も子どもも関係なくご示談が行われ、子どもが子どもを取り囲んでお勧めしていたそうです。4才時の報恩講のご示談において、まだ小学生の丸尾佐知子さん、中学生の辻悦さん(嶌悦さん)、増井武士さん(聞子さん従兄弟)から、ご示談を受けていました。途中、イヤになって下で寝て休んでいるお父ちゃんのところに行こうと階段を降りたときに、階段の上から「寝ている間に死ぬかもしれへんで!」と言われ、ハッとします。きびすを返して道場に戻り、そこで聞かせてもらいました。今となっては何も覚えていないそうです。気がついたら母、叔母さんが喜んでいて、大きな座布団の上に乗せてもらって、念仏していました。

龍谷大学真宗学科の学部、修士課程で学ばれ、学部の卒論は「真宗における求道論」です。大学院での指導教授は信楽峻麿先生した。

聞子さんとは7年前のシルクロードツアーで一緒でした。鳩摩羅什さんの銅像前で「弥陀成仏のこのかたは~」と歌っていました。今年のインドツアーでも霊鷲山の山頂で歌っています。現在は名古屋の「浅野屋洋食店」の女将さんとして、ご主人の太佳雄さんとお店を切り盛りしています。仏説とは真逆の世間のモノサシに驚きながら、いよいよ仏説のまことを知らせてもらう毎日です。

2020年6月

第59回 藤井幸子さん

京都市伏見区の藤井幸子さんです。ご自宅が華光会館の近くで、近所の子ども達が会館の書道教室に通っているのを見て、長男の英志さんを小学1年生から通わせます。翌年には華光子ども大会にも参加し、「楽しかった!」と話してくれました。

小さなタバコ屋経営で働きづめのご主人は、英志さんのお話を聞いて「一緒にお参りしよう」と幸子さんを誘います。幸子さん自身は興味を持てずに、自分一人でもお参りしようかという矢先に、ご主人が突然の病気で入院し、そのまま2ヶ月後に帰らぬ人となってしまいました。

生前のご本人の希望に添う形で増井信先生に葬儀をして頂きます。幸子さんは永代経に誘ってもらい、お礼のつもりでお参りすることになります。お参りするあたって英志さんから「途中でやめたらあかんで」と言われます。「途中で」の意味が今ひとつ理解できませんでしたが、行ってみてビックリ! 皆さん、念仏を大きな声で称えていて「こんな騒がしいところはかなわんな~」と思います。

それが17年前で、ご法座などの行事に参加し、求道が始まりました。そこではじめて「途中でやめたらあかん」の意味がわかります。お話を聞いて有難くなって喜んでいると「それは縁他力や」と英志さんに否定されます。なんだか判らなくなってきました。

会館での華光誌輪読法座が始まり、初回から参加します。大勢の座談ではなかなか本音を言えなかったところが、水谷法子さんが自性をそのままさらけ出すのを聞いて、肩の力が抜けてものが言えるようになります。

輪読の後にはファミレスで1時間以上、水谷さんたちと話し込んでいました。あるときの輪読法座で自分の口から次々と本心が出てきて、腹底が空っぽになります。信先生がお話してくださり「ハイ」と返事をしてお仏壇の前に行き、念仏をさせてもらいました。胸がホコホコと温かく、歓びを隠そうにも隠しきれません。いつもは「今日はどうだった?」と聞く英志さんがその日に限って何も聞きません。翌朝、心境を語ると、いつもと全然様子が違っていたそうです。

私の分級座談にもよく顔を出され、お味わいを述べられます。分級常連の水谷さんは2020年2月22日に浄土に参られました。南無阿弥陀仏。

2020年5月

第58回 三輪利加さん

三輪さんは在家から本願寺派のお寺に嫁入りし、坊守さんとなっています。村上義円さんが住職の西光寺報恩講にお参りした際、増井悟朗先生のご法話を聞きます。今まで聞いたことのなかった後生の一大事や、信心という言葉にビックリします。その時から求めだします。30代後半は求め歩いていました。当時、華光会の子ども大会に参加した時の三輪さんの参加記です。

『私は、自性を見せられても、なおその私に執着してると思いました。アミダ様は、そんなミワリカが、自分で作った自分地獄へ落ちていくしかない罪業をはっきりお見通し。アミダ様からは、計り知れないおそろしいミワリカの罪業が、はっきり見えてはるんだと思いました。お前を救う手だては、もうここに用意してあるよ。何も心配は要らない…なんまんだぶつ…なんまんだぶつ…「さあ、おいで。さあ、おいで。落ちておいで」と、叫びづめでした』

仏青の懇親会では、増井悟朗先生が横におられ、ご示談を受けます。私のものと思っていたものが、ドンドンとられる感覚でした。何もない。一人になっていく。周りにいた人によれば、三輪さんは怖いと言って震えていたそうです。そうすると、口から何かが出ていって、倒れ込んでいました。倒れた時に先生に抱きついて、しがみついていました。先生から「念仏しましょう。お礼をさせてもらいましょう」と言われ、「南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏」と称えます。次の日から、私は変わらへんかったと知らされます。聞く耳を頂きました。最近の三輪さんの心境です。

「そうして、私の出遇いに気づく日々が始まりました。私のあみださまはじっとしてはらへんのです(笑)。恩師上田豊香師からお聞かせ(お育て)いただいた言葉や味や念仏が、私の身だけにとどまらず響きあうて動きだしてやまないのです。自坊での法要法座・座談会にはご門徒さんだけでなく法友、有縁の方々もお参りお聴聞くださり聞法・お育てをいただいています」

お母さんの浅里さんとは、私もよく華光会館でお会いします。また、私が求めているときに、西光寺での悟朗先生法座の後、三輪さんに姫路駅まで送ってもらい、その節は大変お世話になりました。

2020年4月

第57回 毛利真之さん

龍谷大学大学院同期生の毛利さんです。2012年に龍大大学院修士課程に入学しました。その時、龍大の正門で毛利さんと一緒に記念写真を撮りました。

広島県安芸高田市の浄土真宗のお寺に3人兄弟の長男として、1986年に生まれます。妹さんがお2人です。若い頃は仏教の教えに興味が湧かず、ぬくもりが感じられればお寺を継いでもいいかなと思っていました。高知工科大学卒業後、龍大真宗学科の3年に編入します。そこで真宗カウンセリングに出会います。金山玄樹さん達の月1回の勉強会に参加するようになりました。

真宗学科を卒業後は、本願寺の勤式指導所に1年間通い、勤行作法を本格的に学びます。今では、お勤めの時に毛利さんから詳しく、熱い!ご説明があります。私はどうもリズム感がないようで、昨年の永代経では阿弥陀経の読経中、ニッコリ笑って節折(せったく)を取り上げられてしまいました。

毛利さんは2018年の華光大会において、里明彦さんを導かれたのが何と言ってもスゴイです。本来は毛利さんから紹介するところですが、あまりに里さんが衝撃的だったので、順番が後先になってしまいました。

里さんは1座の法座で聞き抜かれました。その時は毛利さんと正に1対1に対峙して2人きりのご示談でした。毛利さんに伺うと、自分でもわからないけれども何故か「捨てもの、拾いもの」という言葉が浮かんできたそうです。阿弥陀様のお手回しでしょう。

里さんが自分の食べたステーキに自分自身を見て涙しているの見て、毛利さんはその涙が菩薩様の涙としか思えなかったそうです。その後の里さんの歓びようは大変なものです。毛利さんを善知識として尊敬しています。

毛利さんはFacebookで近況をよくアップしています。二三代さんはそれをウォッチしていて、今日はどこに行かれたよと教えてくれます。

2020年3月