第29回 丸山顕子さん 下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「真宗カウンセリング研究会」は、西光義敞先生とお話ができ、松岡宗淳先生、山下和夫さんと出会います。本当のことを言っている人達だなーと思います。続けて「聞法の集い」の2泊3日に参加します。その後、松岡先生が送られた増井悟朗先生の『親指のふし』を何回も読みます。が、全くわからずやがて仏法のことは忘れてしまいました。

そして今生の悩みで一杯になり、3度目の自殺を図ります。ここでも一命をとりとめ、手首を切って血で汚れた毛布を洗濯しようとボーと見ていたら、自分はお母さんのお腹の中にいて、乳(血)を飲んで育った。もとは同じものなんだし、母親が好きでも嫌いでもないと思えます。

自分は結婚もせず、子どもも産んでいない。淋しい。あー、こんな自分でも阿弥陀様は「いい」と言ってくださるんだと思い、ホッとしました。そして、嬉しくなり、有り難くなり、仏壇の前で念仏を称えていました。信心を頂くということも知らないままでした。自分を見る目を頂きます。それからはいろんな気付き、不思議な体験をします。

翌年の「聞法の集い」に参加した時もまだ救われたことに気付けませんでした。帰って『親指のふし』を読み直し、嬉しいとかいうレベルじゃない、もうこれは有難すぎて、怖いと思いました。これが38才のときです。

数ヶ月後、朝倉の井上健一さんの家庭法座で、増井悟朗先生に初めてお目にかかりました。その時に気持ちを少しお話しすると、先生が「疑いはないんですね」と言われ、私は「はい」と答え、「あれ? どうして疑っていないんだろう?」と思いました。1週間ぐらい経って「ご信心を頂くというのは、信じる心を仏様からもらうんだ。だから何故だか分からないけど、信じられるんだ」と気付きます。

家庭法座の際に、ご本人の口から、壮絶な半生を聞かせて頂き、とても尊いご縁でした。

2017年11月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*